スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

フトアゴヒゲトカゲの尻尾変形

一昨日からフトアゴヒゲトカゲのたまちゃんの具合が悪くなり急逝しました。今は驚きと喪失感でいっぱいです。
病院での診察が二転三転したのでフトアゴヒゲトカゲ飼育者のためにブログへ書き残し、 飼育者が今後検索でたまちゃんと同じ症状を調べられたときに早期発見、改善できる事を願ってます。
結果から先に話すと末期の糖尿病、腎不全だったのですが、

死ぬ二日前迄は食事し水も飲み脱糞し、日光浴し寝室の部屋を散歩しと、普通の生活で元気いっぱいなんだと思ってました。
それが死ぬ前日の朝、急に苦しそうに口を開け目をつぶり、体は発色して真っ黄色に。
以前、有名な田園調布動物病院の田向先生に体の発色が良すぎるときは死ぬ直前と聞かされたこともあって、たまちゃんが危篤状態にあるんじゃないかと田園調布へ急行、診察をうけた。

以前、先代ポコちゃんの大手術をしてくれた信頼している田園調布動物病院の田向院長を当然指名して診て頂いた。 たまちゃんは病院いらずの子だったので検便は一発パス、足の逆関節になったとき以来のとても久々の診察。 もっと頻繁に来て体調チェックをしとけばよかったと後悔。
と、それがいざ診察の時には電車で急行中に少しずつ体調が戻ってきたのか、先生の前ではケロリとして普通に立ち上がれるご様子。
先生もあれ?どこが具合悪いの?といった表情。 それから症状を具体的に話し、身体の発色も伝え、「それは超具合悪い合図だよね」と、エコーで体内を診る先生。とくに誤飲等体内に異物なく、お腹に卵もなく、腸閉塞もなく、異常なし。ケロリとしていることもあったせいか、「間が悪かったのかな?異常ないので今後は様子見で」と血液検査することなく帰宅。
帰りの電車の中では目力が戻り、なんかの発作だったのかなぁと、普通のたまちゃんに自分も呆気にとられ、明日には元気になるかな?と楽観しました。 少し体力が戻ったら検査してみようとも考えました。

 家に帰ってバスキングして、いつもの床ヒーターの上のレンガシェルター内で就寝、 朝もバスキングしており、いつもと変わらない。
ああこれなら大丈夫かな、と思ってた矢先、またまた昨日と同じ発作が始まり、とても苦しい表情に。
それで、田向先生には申し訳ないと思いつつ、別の先生の意見も聞きたいと思い、エキゾチックアニマル専門の町田・鶴川、ケーズペットクリニックの山崎先生に診てもらおうと電話したら、予約制なので10時に来てくれと言わ…

最新の投稿

キースジャレットが聴きたくて… #001

お家で飲むならこんなワイン? #001

また、ブログ始めよう